女性

リレーやロードセル、バランサー等の特殊機器|工場必見ハイパーメカ

原理と特徴

ロードセルは非常に便利なトランスデューサであり重量の測定や特定の部位に加わる力の測定、また加わる力を測定することによって加える力を制御するフィードバック制御の分野などで広く利用されています。

作業環境改善と品質向上を

バランサーは、工具をゆだねることで工具重量による作業者への負担軽減と精密作業時におけるバランサーによって位置決めを可能にして作業品質の向上を見込めるツールであるのです。またヒューマンエラー防止の改善策でもあります。

古い工場の後始末

古い工場にはその敷地内に有害物質が存在している事がある。これを処理することは管理者の責任である。PCBという有害物質は電気機器に混入されている可能性がある。それらが発見されたらしっかりとPCB混入の検査を受けるのが良い。

確実に自動開閉する部品

良質な自動開閉部品を活用

正確な自動開閉のためには信頼性のあるメーカーによるリレーを活用する事が大切です。リレーは部品の構造上、接点が摩耗すると正常にスイッチを開閉する事ができなくなってしまいます。その結果、装置の故障やトラブルの原因に繋がる事も考えられるため、信頼できるメーカーの製品を活用するようにしましょう。価格は幾分高価になる傾向がありますが、しかし信頼できるリレーは長期間活用する事ができ、そして安全でトラブルやロスの無い運用を行う事ができます。また価格に関しては、近年インターネット上での電子部品販売サイトにおいてある程度の商品数をまとめ買いする事で、割引価格にて購入する事が出来るようになっているサイトもあります。こういった電子部品販売サイトを活用して価格によるコスト発生を抑えることも、機器設計の上で大切なポイントのひとつです。

電子部品を有効活用

リレーを活用するケースとしては比較的大型の電子機器に活用される事が多い部品でもあるため、やや大きな電力を操作しています。例えばファンヒーターの内部回路において、燃料ポンプのオンオフを制御したりファンコントロール動作を制御するスイッチング用途としてリレーが活用されるケースもあります。こうした用途でリレーが正常に動作しないと内部回路においてエラーが発生し安全装置が稼働してしまう原因にも繋がります。開閉において一番大切な接点が故障してしまっただけで装置全体の故障に繋がる原因となってしまう事もありうるのです。しかし信頼できるメーカーのリレーは長期間稼働をさせても安定した開閉を行う事ができます。初期コストはかかりますが、機器の故障が少ない安定動作が可能であるため縁の下の力持ち的で大切な部品のひとつであると言えるでしょう。

おすすめリンク