ビジネス

リレーやロードセル、バランサー等の特殊機器|工場必見ハイパーメカ

古い工場の後始末

土地を使うために

放置されている工場や施設を保持することになった場合、そこには有害物質があるかもしれません。これを適切に処理することはそこを管理する者としての責任となります。こういった毒物は様々なところに隠れているものです。例えばそれの生産が禁止された以前に作られたものであれば、当然処理をする必要性が出てきてしまうのです。例えばそれは電力施設でかつて使われていたPCBというものです。これを摂取することで重大な健康被害が懸念されます。PCBは様々な部品に混入されている可能性がありますが、主に絶縁油と冷却油として使用しているパーツに関連しています。その代表的なものはトランスとコンデンサーです。こういったことを処理して初めてその土地が新たに使えるようになります。

古いパーツにご用心

トランスとは変圧機のことで、一番分かりやすいものは電柱の上に取り付けてあるボックスです。あの中には絶縁油が大量に注入されており、それは工場内のトランスであっても同じです。これにPCBが混入されている可能性があるのです。混入というのはどういうことかというと、PCBはかつてメインで封入されていました。そのときの濃度は混入というレベルでは無いのですが、その有害性が確認されてからは使用禁止になりました。それからかつての企業はなんとその油を再生油として利用してしまったのです。そのため、PCBがいくらか混入している油が存在するようになりました。この例が多いため、古いトランスやコンデンサーが見つかった時にはしっかりとPCBの混入検査を受けましょう。