ビジネス

リレーやロードセル、バランサー等の特殊機器|工場必見ハイパーメカ

作業環境改善と品質向上を

環境改善と品質向上を

バランサーは製造の現場などでこれに電動工具などの工具を取り付けて工具の過重が作業するものに与える負荷を軽減させたりする事を可能にして重い工具を同じ姿勢で長時間持ち続けるといった、辛い作業の一部を負担を軽減させることによって労働環境の改善と作業品質の向上をめざすことの出来る道具であります。このバランサーによる作業者の負担の軽減から作業者の作業者の手中力の向上によって作業品質の向上も見込めるのです。要はバランサーに工具を取り付けることで、工具の重量の一部をバランサーに分散させて、仮に500グラムの工具をバランサーによって、300グラム程度の重量まで軽減させると飲料水のペットボトル1本分から携帯電話程度まで負担を軽減することができるので長時間の作業では大きな効果を望むことができます。

作業負担の軽減と品質向上

バランサーの効用にはやや重量感のある工具の重量の軽減の他に、工具をバランサーに取り付けて、適切な位置で固定する事で精密作業時に位置の固定を可能にして、精密さの向上と作業者の負担を軽減させるメリットが得られます。例えて説明しますと裁縫用針の穴に縫い糸を通すような作業では作業者が道具を同一の位置で持ち続ける必要があるため作業負担が大きいものとなりますがこれをバランサーによって、適切な位置に固定する事で作業負担の軽減を図るもので、作業者負担の軽減はもちろんですが、それに伴って作業自体の制度の向上も見込めますので品質の向上と作業環境の向上の2問題の改善のカギとなるのです。疲労感に伴うヒューマンエラーの防止にも役立つものです。